Authorhszmtmhr

シアターカンパニー象の城「カルメン」感想

stage39796_1後輩の中でもかなり応援してる後輩が劇団を旗揚げした公演です。

SFCからこういう風に劇団が旗揚げされたってのはホントに嬉しいです。

 

フィードバックの意味も込めて、しっかりと残しておこうかなと思ってちゃんと感想を書いておきます。

なので、関係者以外の人が読んでも意味がわからない可能性はありますのでそこはご了承ください。

 

見たのは初日のソワレと千秋楽。

サークル内での演劇だったら、かなり高いレベルでよく頑張ったね!と言うと思いますが、旗揚げ公演としてはお世辞にも良かったとは言えないかなと。

作品自体が目指していた地点はかなり高いところにあったし、稽古では到達していたんだろうなと思います。

が、俺が見た回では達成できてはなかったはずです。

もしかしたら俺が見てない回で到達してたのかもしれませんが、そういう言い訳が許されるのはサークル内までかなと。

 

そうは言っても、初日よりも千秋楽の方が格段に良くなっていたのは確かです。

変化に対する評価をざっと書くと

  • 一番伸びてたのは中野太二
  • 次は曽原達裕と吉川芽依
  • 中川晃輔は初日から良かった
  • 照明がかなりわかりやすくなってた

こんなところかな。

 

こっから先はどうしてそんな風になったのか、俺の勝手な推測です。

 

まず、オータの演出はまさに「演劇は生き物」っていうような演出で、各役者がそれぞれの想いを最大化した上で、それを組み上げていく。

演劇だとか映画って「キャラクター」「ストーリー」「世界観」の3つの構成要素で表現できるんだけど、「キャラクター」の魅力を役者自身の実際の経験を基に最大化して、既存の「ストーリー」の上に載せていく。

それに最適な「世界観」が後から作られていく。

 

それを学生演劇でやろうとすると、学生の経験に左右されるし、少ない経験の中から搾り出そうとするから、苦しいはず。

それに「心技体」の「技」は学生レベルだと、たかがしれている訳で本当に良い物を学生だけで作ろうと思うと、「心」か「体」に大きな負担がかかるんだよね。

最近のはどうかわからないけど、実は創像の新人公演もこういった演出をしてます。

 

で、これをやる演出って役者に寄り添って、役者の内面を引き出す事になる。

ただし、演出が引き出す事ってできなくて、あくまで役者自身が内面をさらけ出すしか無い。

演出はあくまでその手伝いしかできないんだよね。

内面をさらけ出そうとしてさらけ出すのは経験があっても難しい。

 

で、それが出来てた時と出来てない時があったのは「オータユートならついていけば大丈夫だよね」っていうような想い(迷い)が役者の中にあったんじゃないかなと。

確かにオータは演劇のためにロンドンに留学に行ったり、これまでもいい作品を作ってる。

でも、オータの演出の仕方だと、あくまで主体はオータじゃなくて役者自身なわけ。

言い方を変えると、人を信じるっていうのは自分を信じる事と一緒なわけです。

自分を信じられていないのに、人を信じても、人を信じてる自分が信じられていないから、人を信じてないのと一緒な訳です。

そもそも自分に自信が無ければ、内面をさらけ出すことなんて出来ないです。

それなのに、自分を信じる前にオータを信じようとしていた。

そういう事だったんだろうな~と思います。

 

伸びてた役者って似たような演出の下でやった事あるか、演出を経験した事があったから、本番入ってから感じた客意識とオータの演出っていうベクトルとしては逆を向いているモノを繋げられたんだと思っています。

さっきの言い方で言うと、自分が感じたモノ(客の反応)を信じられたかどうかなんだと思います。

 

偉そうな事書いてきましたが、俺自身、常に自信があるなんて訳じゃないです。

ただ、誰もがそうですが、人生が稽古のようなもので毎日自信を持てるように頑張っています。

こんな短期間でそれだけの事をするっていうのは尊敬に値します。

どんな道に行ったとしても自信を持とうとする事が根底にある今回の稽古は絶対に無駄にならないから頑張って欲しいと思います。

これからも応援しています。

( ´∀`)bグッ!

「思考の「型」を身につけよう 人生の最適解を導くヒント」感想

の概要

大学で学ぶことは思考の型を身につけることであり、経済学には実生活において役立つ思考の型が多くある。そして、その思考の型を身につけることが人生を幸せにする。

の要点

  1. 問題を明確にする。
  2. 問題を整理する
  3. 他人の行動にはその人なりの合理性がある
  4. 部分最適を繰り返す
  5. マクロに考える。

感想

最近、「悩まずに考える」という言葉をよく聞くことが多かったのですが、このはまさにその方法が書かれていて、参考になりました。

当は経済学の基礎は学部時代に勉強しているはずなのですが、勉強していることをメタ的に捉える事がこんなにも理解に影響をあたえるのだと知れたことも良かったと思います。


「レイヤー化する世界―テクノロジーとの共犯関係が始まる」(佐々木俊尚)感想


佐々木俊尚さんのレイヤー化する世界を読みました。

一言で言うと、世界構造と技術、文化の関係という観点で歴史をまとめ直し、これからの世界がどのようになるかという予想についてのです。

これからの世界がどうなるか、という話に関しては新しい事を言っているという事はありませんでしたが、未来の世界が過去と現在の延長上にあるんだなぁと再認識するにはちょうどいい本だと思います。

もともと歴史未来予測が好きな自分にとってはおもしろかったです。

ブログの更新が止まってるので、継続するコツを調べてみた

 

ブログの更新が最近止まってます。

今の自分にとって、ブログを続けることがいろいろな問題に同時にアプローチできるとはわかっているのですが、なかなか難しいですね。

そこで、更新を続けるコツをいろんなブログを読んで調べてみました。

とにかく、いろんなブログ記事を読んでみたのですが、いくつか共通するポイントがあるようです。

そのポイントを絞って考えてみたいと思います。

  1. 完璧主義をやめる
  2. 自分の好きなことを書く
  3. 目標を決める

完璧主義をやめる

完璧主義に陥って、ブログが続かなくなることを避けようといった記事が多かったです。

実際、自分は完璧主義に陥りやすい性格なので、ハッとしました。

なんでも良いからとりあえずアウトプットしてみる。

実はこの記事もその感覚で書いてます。

自分の好きなことを書く

ブログのテーマに関するコツです。

モチベーションを上げるためには、自分の好きなことでないと続かないだろうという話です。

また、自分の好きなことなら書く事も負担にならないだろうという視点もありました。

このブログではテーマを特に決めずに書いているのですが、もっと絞っても良いかもしれないな~と思いました。

これに関してはハードルが上がる面もあるので、人によって相性があるかもしれませんが。

目標を決める

アクセス数などのわかりやすい数字での目標を決める事をコツとして上げている人も多かったです。

数字で見える化をするのは習慣化の常套手段でもありますよね。

そういえば、最近Analyticsを開いていないな~と。

毎月、個人的に目標を決めているのですが、12月の目標はブログに関することでも良いかもしれないなと思っています。

 

参考サイト

最後に参考にさせていただいたサイト一覧です。

ブログ継続のコツはインプットでもアウトプットでもなくフィードバックやリアクションなのかもしれない*prasm
ブログを続けるもっとも基本的なコツは「ネタを殺さない」ことかもしれない #ブロガーサミット | jinnaitakumi.com
自分なりの、ブログを長く続けるコツのようなもの – 大須は萌えているか?
ブログを「娯楽感覚で」続けるための「8つ」のコツ
ブログが続かない人に伝えたい、ブログを続けるコツ – 拡張現実ライフ
毎日ブログを続けるコツ – ブログが続かない・・・
ブログやメルマガを継続するコツは、その楽しさを知ること。 – これ僕.com:行動分析学と行動コーチングで僕たちにほんの少しの自由を。
ブログやメルマガを継続するコツは、その楽しさを知ること。 – これ僕.com:行動分析学と行動コーチングで僕たちにほんの少しの自由を。
1年間毎日ブログを更新してわかった!ブログを続ける4つのコツ
月収52万円のプロブロガーが教える、ブログを継続するコツ : ihayato.書店
2ヶ月目で38万PVを獲得した私のブログネタの探し方と継続する仕組み| らふらく^^

© 2017 iftaf.jp

Theme by Anders NorenUp ↑