全部見れたわけではないので、なんとなく書いていきます。

 

鬼フェス!

難しいな~と。

小劇場クラスタが集まると身内の空気が生まれちゃうのはしょうがないとして、それをどうしたいのかなって思いました。

後で書きますけど、たすいちはそれを利用してました。

出身サークルで芸バーという身内イベントがあるのですが、それに近いかなと。

コンテクストを理解するかしないかで楽しみ方が全然変わっちゃうなと再認識しました。

 

拘束ピエロ

若者の世界なのか女の子の世界なのか

共感していたら、いつの間にか共感できなくなっていたり

最初っから女の子の世界観だと思っていたほうが共感しない前提で見れたのでおもしろかったんだろうなと

役者さんが良かったのでちょっと後悔してます。

 

たすいち

これまで見たたすいちの中で一番笑いました。

身内があつまる場所だからこそできる演目っちゃ演目なんですけどね。

いつも思うんですけど、たすいちの作品って与えられたコンテクストの中で作品を作るのがホントに上手いなと。

目崎さんって商業でやった方が出世するんじゃないのかなとか密かに思ったりしてます。

 

 

そんな訳でこんな事を思っていました。