http://www.odoru.com/index.html 気分が深く考えずに見れる映画を見ようと思ってみました。


一番言いたいのは、犯人、あの人は無いっしょって事。

演技力がどうとかじゃなくて、誰もが知ってるような人間をラストのラストで急に出すって流れぶち壊しじゃないですかねと。

 

そんな感じでテレビみたいな押しを続けるような演出が目立ちました。

テレビの演出ってどこから見始めても楽しめるようになってます。

そのため、全体の流れよりもシーンに合わせた演出の方が強くなってます。

CGの使い方も理解しがたかったです。

 

で、それが酷いなって感じで見てたんですが、ラストの方のあるシーンから急に雰囲気が変わりました。

そのシーンはこれまでの体制に疑問を抱くというシーンでした。

その後斬新な演出なども見られ、急におもしろさが増してきたんです。

 

これが俺の思い過ごしであったり、映画を見る目の無さだったら笑ってくれていいんですけど、なんかひっかかるんですよね。

警察が古い体勢から新しい体勢に変わり始めようとするシーンで、古い演出から斬新な演出に変わる、ってのが。

むしろ、そうであって欲しいなって思う気持ちも込めて感想に書かせていただきました。