久々に学生演劇らしい学生演劇を見た気がします。

SFCの演劇サークルの後輩の卒業公演でした。


卒業公演だからということで、役者みんなにできるだけ多くの出番を作ろうかなとしていた感は否めないです。

その影響なのか、導入部分が長い。

 

もっとテンポ良くないと飽きるな~と。

笑いのシーンも、間を使った笑いが多い上にストーリーには関係ないものが多かったので見てる側の集中力がどんどん切れていきます。

 

そしてラストにかけての叫びや訴えがなんとも学生演劇っぽい。

と同時に、前だったら楽しんでいた演出にあまり楽しさを感じなかったりと、自分はもう学生演劇をやる年齢じゃないんだなぁと思わさせられました。

若いころは食べられていたものが食べられなくなる感覚ですかね、よくわかんないけど。

 

スタッフに関して、舞台美術・照明のプランを一人でやったのはさすがだなと思います。

ただ、自分が挑戦して見たかったことに挑戦してるなーと。

SFCで数少ないスタッフの後輩が楽しそうだったんで、嬉しかった面もあるんですけどね。

もうちょっと作品に近づけてやっても良いだろうとは思います。