サークルの先輩の松居さんの新しいユニットの公演を見てきました。


松居さんといえばゴジゲンの脚本演出です。

ゴジゲンが松居さんの影の部分が出てたとすると、おかぼれは光の部分が出てたんだろうな~って

それを引き出したのが安藤聖さんなんじゃないかなって勝手に思ってます。

 

そういう意味でどことなく懐かしく(ゴジゲンに関わっていたので)、でも、新しい作品になっていました。

いろいろなものが曖昧でふわっとしている中にちゃんと筋は通っていて、でもそれは客側に完全にゆだねられていて見ていて自分の頭の中から出てきたような感覚で、そこに押し付けられる嫌らしさがなくてすごい気持ちよかったです。

 

ゴジゲンの作品の優しさの部分が好きだった人にはお勧めです。

30日までらしいので是非!

#001
「鳴らす理由」

出演:安藤聖、尾上寛之、
作詞:
作曲・演奏:新井弘毅(ex. Serial TV Drama)

◆日程
2012年9月26日~30日
26(水) 19:30
27(木) 19:30
28(金) 19:30
29(土) 14:00・18:00
30(日) 14:00・18:00
※受付開始は開演の40分前、開場は30分前

◆会場
下北沢駅前劇場

◆チケット(全席指定席)
前売3300円
当日3800円