有名な自己啓発の二作目。

二作目は大体劣化するというのが相場のようですが、このは違いました。

 

前作の自分の小さな「箱」から脱出する方法を知らない人が読んだ場合にどのような反応をするのかわかりませんが、前作を知っているからこそおもしろかったです。

このの特徴でもある会話形式という理由もあるのですが、何より前作だけでは行き詰ってしまう点を細かく説明しているところでしょう。

かゆいところに手が届く内容となっていました。

 

一作目を読んでみて、実践してみたという人ならこのが役に立つと思います。