理性の限界の続編です。

理性の限界に比べたらわかりにくかったように思います。

構成は理性の限界と同じで入りやすかったぶぶんはあるのですが、各章の限界それぞれにいろんな認識論がでてきていて複雑になってしまっていたように思います。

取り上げたテーマがテーマなのでしょうがないと思いますが、もう少し具体例などをいれて身近に考えられたらまた違ったのかなと。

 

Bookliveで電子書籍として二作品を読んだので、できれば「完成の限界」もBookliveで読みたいのですが、まだ電子書籍化はされてないようですね。