の概要

大学で学ぶことは思考の型を身につけることであり、経済学には実生活において役立つ思考の型が多くある。そして、その思考の型を身につけることが人生を幸せにする。

の要点

  1. 問題を明確にする。
  2. 問題を整理する
  3. 他人の行動にはその人なりの合理性がある
  4. 部分最適を繰り返す
  5. マクロに考える。

最近、「悩まずに考える」という言葉をよく聞くことが多かったのですが、このはまさにその方法が書かれていて、参考になりました。

当は経済学の基礎は学部時代に勉強しているはずなのですが、勉強していることをメタ的に捉える事がこんなにも理解に影響をあたえるのだと知れたことも良かったと思います。