佐々木俊尚さんのレイヤー化する世界を読みました。

一言で言うと、世界構造と技術、文化の関係という観点で歴史をまとめ直し、これからの世界がどのようになるかという予想についてのです。

これからの世界がどうなるか、という話に関しては新しい事を言っているという事はありませんでしたが、未来の世界が過去と現在の延長上にあるんだなぁと再認識するにはちょうどいいだと思います。

もともと歴史未来予測が好きな自分にとってはおもしろかったです。